森に足を踏み入れると、一面に緑が覆い、木々や土が香り、森に息づくいのちや力を感じることができます。そしてその力は私たちを癒し、リラックスさせてくれます。森林の持つこれらの効果は、これまでも「森林浴」として親しまれてきました。しかし、その効能については医学的なデータが少なく客観的な根拠が整っていませんでした。

そこで、@唾液中のストレスホルモンや心拍変動、A血中の抗ガンタンパク質の変化など森林浴がもたらす生体反応を医学的に計測し、森の効能を医学的なエビデンス(証拠)に裏付けすることによって、森林環境を利用した『心』と『身体』の健康に活かそうという取組が「森林セラピー」なのです。いわば、一歩進んだ森林浴なのです。
心身に癒しを与える「森の力」を享受する方法として、最も基本的なやり方は「五感」を働かせることです。森の中や周辺で耳や目、鼻、手足、味覚等の五感のアンテナを研ぎ澄ませて、木々の息吹や風のざわめきを感じてください。そして、その中で一番自分に合ったリラックス法を探してみてください。

人によって心地良く感じるポイントは異なりますが、自然の中で、「人間はもともと自然環境の中で生活していた」という本来あるべき場所にいるという快適感を全身で感じ、楽しむことができると思います。
森に足を踏み入れると、一面に緑が覆い、木々や土が香り、森に息づくいのちや力を感じることができます。そしてその力は私たちを癒し、リラックスさせてくれます。森林浴で気持ちがリラックスするということは、実際に身体の免疫力が上がり、血圧が低下するなどの科学的な効果が見られることも、ごく自然なことだと言えます。
本基地では、訪れる方に「心」も「身体」もくつろいでもらうため、「森の案内人」が一緒に森を散策します。森の案内人は、訪れる方に最適なコースを最適なペースで案内することによって、森の持つ癒し効果を最大限に感じてもらうためのお手伝いをします。(※要予約、有料)

ホテルを出発地とするロードで、駐車場の周囲にある桜や紫陽花が来訪者を出迎えます。ロードの途中には雑木林、クヌギ林でドングリ、冬には山茶花がみられ、四季折々の移ろいを発見することができます。

ロードは、起点部のみがアスファルト舗装で、あとは未舗装です。ゆったりと小山を越えるロードとして気軽に散策できます。また、ロード途中の展望所では、軽登山で有名な雄岳・雌岳を見渡すことができます。
ホテルを出発してコテージ群の横を通り、善蔵池を目指すロードです。ロード途中にある山中池は、周囲が比較的林齢が高い広葉樹に被われ、湖面への防風効果から静水面となり、春の新緑、秋の紅葉が美しい情景を描いています。

池に沿った小道から橋で結ばれた小島からは、四季折々の木立と水の対比が美しく、回遊式庭園にも似た景観を生み出しています。
セラピー広場から善蔵池を周回するロードです。

池の周囲は針葉樹と雑木林が交互に広がり、秋には緑と紅葉のグラデーションが描かれます。ロードに沿った檜や杉の林では地面を熊笹が被い、笹の絨毯が敷き詰めらたように広がっています。ロードは高低が少なく、湖の地形に沿い左右に視界が変化し、遠景の山々を借景とした風景を望むことができます。

また、途中の堤防からは、善蔵池全体の緑、遠景には、県内最高峰の釈迦岳などの周囲の風景を一望できます。
Copyright (C) greenpia-yame. All Rights Reserved.